消費者運動「鯨類に感謝 @ Thanks Cetacea」 【鯨類食の理解促進】

【鯨類食文化の理解促進】 捕鯨と「いるか漁業」。東京の鯨食人口は1割以上いるとされます。小型鯨類(いるか類)は、岩手、秋田、山形、福島、茨城、千葉、神奈川、静岡、山梨、和歌山、沖縄等の県内の地域での伝統食です。

2019年の「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」での「くじらタウン」の「くじらのステーキ」の評判 改訂1版

(改訂1版20191123版:「取材や報道」を追記しました。)

f:id:Irukanigohan:20191117022935p:plain

2019年8月に沖合捕鯨(母船式捕鯨船団の捕鯨母船「日新丸」)が水揚げしたニタリクジラ赤身肉のテレビ放送(少し加工しています)

2019年11月14日(木)~17日(日)に、東京・日比谷公園で開催された「全国魚市場(うおいちば)&魚河岸(うおがし)まつり」(ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル)に出店した「くじらタウン」(鯨専門店「らじっく」が監修)が提供した「くじらのステーキ」の評判

 

まずはバレニンちゃんの予告のビラ

 

美味しい(11件)

 

 

 

 

 

 

web.archive.org

 

 

web.archive.org

 

 

 

リピーター(1件)

 

弾力ある(1件)

 

やわらかさ(6件)

 

 

 

 

 

 

満足(2件以上)

 

 

(※他に、「お腹いっぱいになった」のようなツイートがいくつかありましたが、割愛しています。)

 

素敵な気分(1件)

 

牛肉と間違いそう(2件)

 

 

貧血に効きそう(1件)

 

ジビエみたい(1件)

web.archive.org


臭み(2件)

 

 

しょっぱすぎ(1件)

 

まあまあ(1件)

 

好き嫌い別れる(1件)

 

消費者の宣伝(5件以上)

 

 

 

 

web.archive.org

 

(※他にも、「くじらステーキ」の食品名と写真だけのツイートがいくつも有りましたが、割愛しています。)


共演者「酒が進みました」


〆はバレニンちゃん


当方は、「おおむね好評」と考えます

「くじらのステーキ」は、好評を得、口に合わなかった人が少なかったと判断してよく、ニタリクジラ肉の商品価値を占う材料となりえそう。

 

取材や報道

 

 

www.sankei.com

 

dime.jp