消費者運動「鯨類に感謝 @ Thanks Cetacea」 【くじらの消費者運動】

【鯨類食文化の理解促進】 捕鯨と「いるか漁業」。東京の鯨食人口は1割以上いるとされます。小型鯨類(いるか類)は、岩手、秋田、山形、福島、茨城、千葉、神奈川、静岡、山梨、和歌山、沖縄等の県内の地域での伝統食です。

反捕鯨によって、日本の冷蔵鯨肉の正確な在庫量や正確な消費量が不明に

  • 捕鯨国による「北西太平洋イワシクジラ(調査捕鯨イワシ鯨)叩き」のお陰か、反捕鯨による「鯨肉の冷蔵備蓄叩き」で、日本の冷蔵鯨肉の正確な在庫量や正確な消費量が不明となった件
    • 今回の水産庁水産物流通調査」の「冷蔵水産物流通調査」は意外な数値に
    • 今回の数値の改正(修正)のポイント
    • 2020年3月分の過去と現在との比較はマイナス968トン(約千トン)
    • 実際の冷凍在庫の減量ペースは約800トン。見かけ上の減量ペースは440トン
      • 見かけ上の冷凍在庫減の年ペースは約440トン
  • 冷凍在庫が何年持つかによって、国の捕鯨政策の速度が変わります
    • なぜ冷凍在庫が何年あるか(何年もつか)が関心の的なのか。
    • 2020年7月末の数値データから消えたものは何か。
    • まずは、①調査捕鯨イワシクジラの可能性を考えましょう
    • 次に、②アイスランド産やノルウェー産の可能性を検討しましょう
    • 結論
  • 現在の真の年間消費ペースはいくら? 今は見極める時期
    • 個人は「鯨肉は今が買い」
    • なぜ調査捕鯨イワシ鯨が標的となったか
    • 日本の捕鯨業は自立できるのか
続きを読む

能登半島の定置網混獲の文化と鯨食(主に石川県鳳珠郡能登町を対象に)

  • 石川県の能登町の鯨食
    • 鯨が揚がって活気づく能登町
    • 以下は「氷見産のくじら」で知られた氷見の方のツイッターのご投稿です。
      • 鯨のレシピ研究:くじらの汁もの
  • 能登半島沖の定置網混獲
  • 資料集:能登の定置網と鯨捕りの歴史的な経緯を簡単に知りたいなら
続きを読む

捕鯨議連の江島 潔議員のインタビューが記事に/もう南極海捕鯨は視野に無いかも/今や南極海に戻れ論は暴論では?/大衆運動を率いるとはセンスしかないです

  • 捕鯨議連の江島 潔議員のインタビューが記事になっています。
    • インタビュー要旨
    • 南極海は視野に無いかも
  • 南極海に戻れ論は暴論ではないかしら。民意が求めていないのですから。
    • そもそも、日本が南極海を止めたのは、反対の声が大きくなりすぎたからでは?
    • 人は気分で食事を選びます。それは鯨食も同じです。
    • 大手捕鯨会社の将来の自立が不透明
    • 将来の日本国民の多数派が南極海を望むとは思えない
    • 北西太平洋ナガスクジラ/ニタリクジラ捕鯨で不足?
  • 編集後記:これは感覚(センス)の問題です。センスがないと、大衆運動を率いることはできないです。
続きを読む

ツイッター社は「鯨肉への画像表示の制限」をただちに全てやめよ!飲食店の損害を賠償せよ!

  • 料理店を含む「鯨食ユーザー」への画像規制が発生!?
  • 捕鯨国に本社があるツイッター社の社風?
  • 今回の規制の被害に遭った飲食店の例
    • 規制直後7/18に発見(第一報)
    • できるだけ調べ、規制の被害を受けた各飲食店さまをできるだけ把握しました
  • なにがセンシティブになるのか?
  • 規制を求めた犯人像は?
    • 犯人は頭の中身が子供な人?
  • 「我が国ではくじらは食べ物です。感謝していただきたいものです」
  • ツイッター社へ求めること
続きを読む

2020年・今季前半の捕鯨(2月まえから7月あとまで)

  • 今季前半(2020年2月~7月)の捕鯨
    • 捕鯨母船「日新丸」の捕鯨船団の沖合捕鯨の1回目の操業
    • 沿岸小型捕鯨の東北ラウンド(ミンク鯨) 
    • 4月中旬の鮎川ラウンド
    • 4月後半からの八戸ラウンド
    • 捕鯨母船「日新丸」の捕鯨船団の沖合捕鯨の2回目の操業(本格操業)
      • 7月29日に帰港
    • 千葉沖のツチクジラ捕鯨
  • 室蘭での捕鯨再開の協議まとまる
  • 国際捕鯨委総会を1年延期 コロナ影響
  • 編集後記:この記事は、「今季の捕鯨の前半戦まとめ」です。前半戦で特記すべき事項が出れば、適宜、この記事に加筆します。
続きを読む

回覧)鯨料理店のみなさまへ。外資系の配達会社からお取引先の変更のご検討を

  • 序章:なぜ映画監督さんが呆れられる?
  • この度の事態の緊急性
  • 捕鯨へのタブー視」ではなく、反対運動が怖いのが大企業
  • この映画監督さんと何があったか。
  • 動物活動家の界隈が反対運動をする手法
    • ひとつ例を出します。
  • 日本の主張が理解されないのは、タブーでは無く、納得できないからではないか?
  • 捕鯨国に本社がある多国籍企業が、日本で鯨食材を扱うとスキャンダルに
  • 配達会社が無くなったら、鯨料理店は商売にならない?
  • 外資企業への排斥?
  • 反対運動の標的となったらやっかいです
  • 結論
  • 編集後記:捕鯨論争の映画と、新たな捕鯨映画
続きを読む